fbpx

無駄な出費を根こそぎ削減する家計管理ツール「スパルタ7」

出産育児一時金増額 国は断念 都が救いの手

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

誰もが頼りにしている出産育児一時金についての続報が出ました。

2020年の10月に検討を始めて、21年度のスタートは断念、その後の記事になります。

10/28の記事で出産育児一時金の増額を検討

2020年10月25日に菅首相が所信表明演説で、少子化対策に前向きな発言をしました。

それを受けて、厚生労働省が出産育児一時金の増額を検討しているという記事も出ています。

関連記事▶︎「出産育児一時金50万円に増額へ 厚労相が検討

厚労省は現行42万円の額から50万円に増額の検討を始めました。

ところが、12月28日には、日経新聞からそれを断念したという記事が出ます。

1/5の記事で続報

東京都が独自の支援金を用意していることが分かりました。

その内容が、電子クーポンによる支援というものです。金額は10万円ですが、その理由が以下になります。

  • 全国の出産費用(医療機関が決めるもの)は50万円〜51万円となっている。
  • 東京都の平均は約62万円となっていて、負担が大きい。
  • 都民については約10万円不足しているのが現状である。

このような理由から10万円という金額になったと思われます。

注目ポイント

国が21年度は断念した理由として、以下のような話があります。

出産費用は医療機関側が自由に決められるために、一時金を引き上げてもその分病院側が引き上げては意味がない。

つまり、結局は医療機関次第なので、10万円の増額をしても意味がない、という考え方です。

私は以前の記事でも、病院側に補助制度を設けるべきであると述べました。

議論としては稚拙すぎます。

国としては、成立は21年度を目指すということなので、これで1年遅れることになります。

あまりにも遅そすぎます。非常に残念でなりません。

まとめ

一番大切なのは、現状を少しでも改善することではないでしょうか?

事前に考えられるような、医療機関による出産費用引き上げを理由に断念をするなら、最初から医療機関に対する補助制度を設けるべきでした。

21年度の制定を目指すということですので、1年後に期待するしかないということになります。


 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Color Your Life , 2021 All Rights Reserved.