fbpx

【1億までの収入UPテンプレート】あなたでも真っ当に稼いで億り人になれる

出産育児一時金増額 国は断念 都が救いの手

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

誰もが頼りにしている出産育児一時金についての続報が出ました。

2020年の10月に検討を始めて、21年度のスタートは断念、その後の記事になります。

10/28の記事で出産育児一時金の増額を検討

2020年10月25日に菅首相が所信表明演説で、少子化対策に前向きな発言をしました。

それを受けて、厚生労働省が出産育児一時金の増額を検討しているという記事も出ています。

関連記事▶︎「出産育児一時金50万円に増額へ 厚労相が検討

厚労省は現行42万円の額から50万円に増額の検討を始めました。

ところが、12月28日には、日経新聞からそれを断念したという記事が出ます。

1/5の記事で続報

東京都が独自の支援金を用意していることが分かりました。

その内容が、電子クーポンによる支援というものです。金額は10万円ですが、その理由が以下になります。

  • 全国の出産費用(医療機関が決めるもの)は50万円〜51万円となっている。
  • 東京都の平均は約62万円となっていて、負担が大きい。
  • 都民については約10万円不足しているのが現状である。

このような理由から10万円という金額になったと思われます。

注目ポイント

国が21年度は断念した理由として、以下のような話があります。

出産費用は医療機関側が自由に決められるために、一時金を引き上げてもその分病院側が引き上げては意味がない。

つまり、結局は医療機関次第なので、10万円の増額をしても意味がない、という考え方です。

私は以前の記事でも、病院側に補助制度を設けるべきであると述べました。

議論としては稚拙すぎます。

国としては、成立は21年度を目指すということなので、これで1年遅れることになります。

あまりにも遅そすぎます。非常に残念でなりません。

まとめ

一番大切なのは、現状を少しでも改善することではないでしょうか?

事前に考えられるような、医療機関による出産費用引き上げを理由に断念をするなら、最初から医療機関に対する補助制度を設けるべきでした。

21年度の制定を目指すということですので、1年後に期待するしかないということになります。

 

家計を気にせずに、マイナス収支から1億まで収入をUPさせる方法

誰でもそうですが、今の家計を気にする人はとても前向きです。現状を打破しようとしているからです。
でも実際はそれだけでは未来を変えることができません。
100%の人が老後の生活を心配することになります。
特に老後必要とされている2,000万円問題は、世間の批判を浴びても現実のものとして私たちの将来を襲ってくるのです。
将来のことではなくても、まさに今以下のように悩みがある人も多いです。
しかも、収入の多さに関係なく、低収入の人でも、高収入の人でも悩みがあるのです。
  • 毎月収支がマイナスだからせめてプラスにしたい
  • 収入を増やしたい
  • 年収が減った
  • 副収入が欲しい
  • 家を買うための頭金が欲しい
  • 将来は年金が減るのかな?
  • 老後のお金を貯めていない
  • 日本人の平均年収はいきたい
  • 年収1000万円をどうしても超えたい
  • 最近税金が高くなって困っている
  • お金が余りすぎてるので節税したい
  • 年収1億を目指したい
  • 将来の子どものためにお金を残したい

このような悩みを解決する方法として、私が「資産形成の専門家」としてメルマガで分かりやすくお金の問題を解決する方法を発信しています。

内容もとても濃く、実践的で一気に富裕層までのステージに引き上げる方法をお伝えしています。

 

そして今、とてもタイミングよく、本来有料であるメルマガ「資産形成プレミアムメルマガ」を無料で登録できるキャンペーンを行っています。

さらに特典まで付けています!詳細はリンクからご確認ください。

資産形成プレミアムメルマガ

 


 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Color Your Life , 2021 All Rights Reserved.